葬儀・お葬式・疑問・質問にお答えします。
 
  Googleでfuneral.co.jp内を検索します。

 


48、死亡届記載方法と火葬許可書取得方法

  詳しくは 死亡届の書き方へ

  人が亡くなり、必ず行わなくてはならない【火葬】を行うためには、

1、死亡診断書又は死亡検案書をいただきます。

   ・死亡診断書は、病気などで自宅で亡くなった場合は、かかりつけの医師よりいただきます。

   ・死亡検案書は、事故・事件・突然死など、死亡原因が事件性のある場合、調べる為に検死を行います。

    検死官が事件性のないものと判断した場合は、すぐに死亡検案書を頂くことができますが、

    死因が特定できない場合は、解剖となり、その後死亡検案書を頂くことができます。

2、死亡届に諸事項を記入します。

 ※↓クリックすると拡大します。↓
死亡診断書・死亡届

  赤文字のところを記入します。注意:赤い文字は記載例と記載する際の説明です。
  実際に記載する時は、ご自身の記載事項をよく調べ記載下さい。
  本籍地等不明な場合は、無記入のまま役所をお持ち頂き、役所でお調べになることが出来ます。

  届出人になれる人は

   1同居の親族 2同居していない親族 3同居者 4家主 5地主 6家屋管理人
   7土地管理者 8公設所の長

  等の方々が可能です。2同居していない親族は、できるだけ血筋の近い方が良いと思いますが
  不可能の場合や、居ない場合などは、2親等程度はなれている方でも、遠方の方でも可能です。
   
 

TOPページへ
23区式場紹介へ
多摩地区式場紹介
宗旨宗派別
お布施の価格
オプション・変更項目
ミニマムプラン
コンセプト
区民葬簡易計算
一般的な仏式の流れ
一般的な神式の流れ
ブログ
会社概要
ペットとお別れ
Q&A方式でお答え
葬儀後の手続き
エンディングノート
My Will

3、記入した死亡届とその反対側にある死亡届(ほとんどの場合はA3サイズで一枚になっております。)
  とシャチハタ以外の三文判(印鑑)を持ち、役所の戸籍課へ行きます。

 3-1、届出できる役所は?

    ・死亡者の住民登録地 ・死亡者の本籍地  ・死亡した場所の役所  ・届出人の住民登録地  等の役所でできます。


   また、土日、祝日、年末年始、夜間等でも、役所では、必ず夜間受付や警備室などで死亡届を受け付けてくれ、
    火葬許可書を発行してくださいます。


世田谷区役所の夜間受付です。→


夜間受付は、意外と目立たない場所
にある事が多いです。地下に設けられ
ている場合も多いので、事前に調べて
おくことをお勧めします。

世田谷区役所夜間受付

4、戸籍課に提出します。

   戸籍課に書類を提出し、印鑑を押し、火葬許可書をいただきます。

   夜間受付では、火葬許可書を自身で記入させられるケースもあります。



 参考資料 Q&A 33死亡届と火葬許可書の取得

 

 ●このページの先頭へ
 
 Copyright(C) 2006 Himawari Mortuary. All Right Reserved.