ペット火葬



ペット 葬儀 施設の紹介
ペット 葬儀 料金
ペット 葬儀 もしも
ペット 葬儀 疑問
会社案内 お問合せ



ペット葬儀ペット火葬ひまわり


メールはこちらへmail


犬 葬儀 ひまわり 猫 葬儀 ひまわり
 はじめに【ペットのTOPページ】 ※東京都その近郊での範囲です。
 ・「ペットも家族」中には、わが子より愛情深く連添った方々もいらっしゃると思います。
   そんな家族の一員にもやがてこの世とのお別れのときが来ます。
   お別れの方法は沢山あると思いますが、我々は、飼い主の方にもお亡くなりになった
   ペットにも少しでも「よいお別れをした」「よいお別れの時間を作ることができた」
   と思っていただける様にご提案させていただいております。

   そんな私も、兄弟同様に一緒に育ってきた愛犬を亡くしたとき、ずっと使ってきた
   ボロボロのバスタオルに包まれ、ダンボールに入れられ、業者の人らしき方が、引取り、
   翌日帰って来たら小さな骨壷に入って帰ってきました。
   もっと色々な方法や手段を知っていればもっと違う方法の別れ方もあっただろうが、
   予算や時間的制約もありますので、その時はインターネットと言う便利な検索方法も
   ありませんでしたので、学生で財力も知識もない私にはその方法しかなかったと思っ
   てます。ですが、現在では、人間同様に火葬炉の前でお別れをして、家族の方々が収骨
   できる火葬施設などもございます。時間・予算等を御考えの方は、ご家族に代わり私ども
   が責任をもって最後のお別れを代行し、ご希望であれば、その最後をデジカメで撮影した
   ものをお渡ししてどのような最後だったかをお伝えさせていただいております。
大切な犬
ワンちゃん・ねこちゃんをという方まずはこちらをご覧下さい。
ワンちゃんのページ  ネコちゃんのページ

こちらをご覧になり、少しでも共感できる方へお手伝いさせていただきたく思います。
現在では、動物やペットの火葬関連のHPはたくさんあります。移動火葬車両で自宅
に来て頂き、ご家族は自宅から動く事無く火葬できる安価なサービスもありますし、
豪華で高価なサービスもあります。私共は、できるだけ、ご家族の皆様でわんちゃんや
ねこちゃんの旅立ちの支度をする事がなにより大切な家族への思いやりと思っています
ので、私共は、その旅立ちの「補助」ができればと思っております。ですが、お体の不自由な
方や諸事情があり、できない方へは、ご遺族に代わり精一杯努めさせていただきたいと
思っております。


 ●お手伝いできる事として、

  1、お棺をご用意できます。
    お棺禁止の火葬場もあると思われます。その場合は紙製のかごダンボール等もございます。
   又、ご納棺のお手伝い(棺への綺麗な安置)

  2、ドライアイスをご用意できます。
    悲しい事ですが、時間と共に腐敗が始り、息があった頃の面影が薄れてきます。
    面影が薄れてくるのはどうしようもありませんが、夏場の暑い時期や火葬までの
    日数を延ばしたい時などは、ドライアイスにて腐敗を防ぐ事ができます。

  3、火葬場へお連れする事ができます。
    大切なご家族の一員ですので、ご家族が直接火葬場へお連れして
    あげたい所ですが、どうしてもと言う方は、私共で、火葬場へお連れして、
    お骨をお持ちいたします。
    (ご家族でと言う方には火葬場をご紹介します。)
    自家用車をお持ちでない方は、ご希望の方にはお迎えにあがり、ご一緒に火葬施設まで
    お送りいたします。

  4、色々な収骨容器をご用意できます。
    色々な収骨容器の他に、分骨・粉骨(散骨の為等)もお手伝いできます。
    お好きな容器がございましたら、お持込も可能です。
    手作りの容器に入れた方もいらっしゃいました。

  5、葬儀を行うお手伝いができます。
    小さな祭壇を作り、お写真を飾り、お坊さんにお経をあげて頂くと言った
    御葬儀のお手伝いができます。
    又、少し大きいダンボールやお棺に入れてあげ、お花でいっぱいにしてあげての
    お別れや、大好きだったジャーキーや遊び道具などを入れてあげるのもよいでしょう。

  ※基本的には近隣でお困りの方々への手助けができればと思っております。
    ですので、物品(ドライアイスやお棺だけをご希望の方は)などを当社まで取りに来る事が
    可能な事を想定しています。
    お届けをご希望の場合は、別途費用がかかる又は不可な場合があります。
    (お足の不自由な方はご相談下さい。)

  ※葬儀を行う場合は(祭壇を飾る葬儀式)、物品以外に人件費などが必要になって
    きますので どうしてもそれなりの費用が必要となってくる恐れがあります。

  ※宗教者のお礼は、ご家族から直接お渡し下さい。アドバイスとして
    予算に応じた宗教者をご紹介できます。