一般的な仏式の流れ

事前にスケジュール表なども用意させて頂き又、通夜・葬儀の当日にも弊社の担当者がご説明をさせて頂きますが大まかな流れを事前に把握して頂いた方が良いと思います。

地域によってのしきたり、風習など、違いはありますが、当社が提供する大まかな仏式葬儀の流れをご紹介します。



お通夜の準備

  1. 式場設備の設営、受付の準備、式場看板の設置、案内看板の取付け、生花、花環の注文の受付礼状、返礼品、通夜ふるまい生花、花環の準備、お手伝いの方との打合わせ。

  2. 棺を安置します。

お通夜

  1. 開式の30分前ごろより受付、道案内及び車両誘導の方は担当場所に行って頂きます。

  2. 弔問客の受付。

  3. 遺族、親戚、関係者の入場、開式。

  4. 導師(僧侶)入場、読経開始。

  5. 遺族に御焼香をして頂きます。

  6. 弔問客に御焼香をして頂き同時に礼状と返礼品をお渡し致します。

  7. 通夜ふるまいの会場に弔問客を誘導。

  8. 導師(僧侶)退場、控え室又は通夜ふるまい会場に移動して頂きます。

  9. 遺族一同通夜ふるまいの会場に移動し挨拶と謝辞をして頂きます。

  10. 閉式。

  11. 香典の整理、通夜ふるまいが終了して御遺族にとってお通夜が終わりになります。

葬儀・告別式

  1. 開式の30分前ごろより受付、道案内及び車両誘導の方は担当場所に行って頂きます。

  2. 会葬者の受付開始。

  3. 遺族、親戚、関係者の入場、開式。

  4. 導師(僧侶)入場、読経開始。

  5. 遺族に御焼香をして頂きます。

  6. 会葬者に御焼香をして頂きます。

  7. 読経終了、導師(僧侶)退場。

  8. 弔電の朗読。

  9. 葬儀終了。

  10. お別れの準備、棺を式場中央に安置致し供花の準備。

  11. 遺族、親族、友人、知人、関係者にて御棺に供花をして頂き供物及び故人の生前の愛用品等を棺に納めます。

  12. 喪主及び遺族の最後の御挨拶とお礼の言葉そして出棺になります。

  13. 当社では棺の釘打ちは致しません。

出棺・火葬場

  1. 遺族及び親戚の方にて棺を待機していた霊柩車へ移動し出棺に相成ります。

  2. 待機していたハイヤー、マイクロバスにて火葬場へ移動して頂きます。
    (火葬場併設式場では場内移動の為、徒歩で火葬炉へ移動となります)

  3. 火葬場での葬儀の場合は移動は霊柩車のみです。

  4. 葬儀式場では祭壇の撤去、初七日の法要及び精進落としの用意を整えております。

  5. 火葬場に到着しましたら火葬の準備の為控室にて待機して頂きます。

  6. 係員の誘導にてかまどの前にて納めの式を行ない御遺体は荼毘にふされます。

  7. 火葬の間、茶菓子及び酒類を御用意致しますので控室及び休憩室にてお待ち頂きます。

  8. お骨あげを行ないます。2人1組にて足から頭に向かって行ないます。

  9. お骨あげが終わりましたら喪主様が遺骨を遺族が位牌及び遺影を持ち式場に戻ります。

  10. 式場に戻られましたらお清めを行ない初七日の法要、精進落としとなります。

初七日・精進落とし

  1. 御遺骨を安置致しましたら御導師に法要をして頂き遺族、親戚、関係者はまわし焼香をしていただきます。

  2. 最後に御導師の挨拶にて初七日の法要を終了致します。

  3. 喪主様又は世話人の献盃にて精進落としを始めます。