ご遺体の海外への搬送、輸送 葬儀のひまわり

 葬儀のひまわりがお手伝いする海外へのご遺体搬送輸送サイトです。New!!
安心の24時間対応・お見積無料対応いたします。

遺体死体搬送

■ご遺体 海外搬送 空輸

2017・9・20更新


日本から海外への搬送、空輸のお手伝い
海外から日本への搬送、空輸のお手伝い
            
をお手伝いいたします。

葬儀のひまわり
電話 03-3328-0977
メール info@funeral.co.jp
※お急ぎはお電話下さい。

概算料金はページ最後に
記載がございます。

 
ご遺体の海外への搬送業務に付きまして
   
必要書類等に関しまして、

 医師から発行された死亡診断書 又は
   監察医務院から発行された 死亡検案書 が必要です。
   ※場合により、記載事項証明書が必要な場合がございます。
 死亡者のパスポート。
 ・納棺証明書
    ・防腐証明書
    (国際輸送の為のエンバーミング宣誓供述)
    ・梱包証明書
    ・非感染証明書
    ・爆発物検査     等が必要です。
 ・Consignee(荷受人)の決定 ※現地の国の葬儀社が適任です。
 ※書類、手続き、処置に関しましては、渡航先の国により異なります。

 
ご遺体の海外への搬送業務の流れ
   
 ご逝去 ⇒ お電話下さい。寝台車でお迎えにまいります。
   (※御安置場所は、弊社霊安室又はエンバーミングセンターとなります。
 書類手続きを行います。
   上記必要書類 、を準備します。
   (※書類を現地の標準語又は英語へ翻訳します。)
 の書類発行の為の 故人様(海外へ搬送するご遺体)の準備を行います。
  ・エンバーミング、防腐処置を行い、海外搬送用のお棺へ納めます。
 フライトスケジュールを組みます。
   現地の葬儀社との連携。
 大使館手続きを行います。
 爆発物検査等に合格し、海外へ発送となります。



海外空輸棺 感染や納棺に関する規定により
内側が金属となっています。


海外空輸棺の中にさらに通常の棺を納めます。


金属製の蓋で閉じます。


木枠で固定します。

密輸などを防ぐために、大使館員などが立ち会い
蝋封 シーリングを行う場合がございます。




 
ご遺体の海外への料金に付きまして
   
下記料金は、寝台車の距離、発送までの滞在日数、ご遺体の状態、体重、
書類手続きに関する事(パスポート紛失、失効、地方へ出張)の有無
燃油サーチャージ等で料金変動がございます。

 フィリピン・台湾・上海・韓国 等   約90万円~
 ハワイ・オーストラリア・ニュージーランド・ロシア(極東地方) 等 約110万円~
 アフリカ、南米等 乗り継ぎが必要な国 約140万円~

料金は、空港止めです。空港からは現地の葬儀社等に迎えに来てもらいます。