生前予約,事前相談,生前契約
 
  Googleでfuneral.co.jp内を検索します。

 

 
生前予約・事前相談

 
   生前予約・事前相談にご興味のある方、まずは メール 又は お電話下さい。


●葬儀の生前予約・事前相談

・予め葬儀内容を決めておく事で自分ら
しい葬送を行う事が
 
  出来ます。 また、 最後の責任として残された方への思いやり
 
  として、残された方の悔いが残らないように自身が元気で
 
  気力があるうちに行い、最後まで思いやりを残しましょう。
 

事前相談
 
 
・直接死に関する事になると、他人事と思ったり、「まだまだ自分は」、
 
「自分は大丈夫」と目をそらせる方がほとんどだと思います。
 
けがや病気にでは、色々と保険に加入されている方も大勢
 
いらっしゃいますが、死についてはなかなか前向きに考えるのは

難しいようです。それが、家族そろって話をするのはさらに難しい

事でしょう。そんな時は、大黒柱として、又は、人の親として

最後まできちんと見本となる人生の先輩となりたいものです。

現在では、独身の方が増え、もしもの時には、自身の家具や

財産の処分・形見分けまでしっかりの残されている方もいらっ

しゃいます。
 
   

 
  ●残された方と自身への精神的安心

 生前予約 遺された家族があわてる事がなく、用意に追われる事無く

      ゆっくりとお別れが出来る。

 事前相談
 もしもの時でも自分らしい葬儀が行える

 事前相談 どの様なことができるのか事前に知っておく

 事前相談 事前に決めた後、家族の総意を求めておくことで、

    葬儀について遺された家族の意見の相違をなくす。
  

 


TOPページへ
23区式場紹介へ
多摩地区式場紹介
宗旨宗派別
お布施の価格
オプション・変更項目
ミニマムプラン
コンセプト
区民葬簡易計算
一般的な仏式の流れ
一般的な神式の流れ
ブログ
会社概要
ペットとお別れ
Q&A方式でお答え
葬儀後の手続き
エンディングノート
My Will
 
 
●自身では思いつかなかった事も

  ・無宗教形式にて家族で故人様を前にし、プロジェクター等で略歴や生い立ち

   等を見ながらしのぶ会をひらく

  ・葬儀のときだけでなく、事後に、お骨は南の海へ散骨する

  ・大好きなペットと一緒に入れるお墓を

   等専門業者は得意不得意がありますが、一度色々とお話されると

   よいでしょう。

 
 

 
  ●経済的安心
 
事前相談
葬儀費用の明確化
 
    生前予約による葬儀プランの作成と、見積書を作成します。

事前相談 自身の予算内でできる葬儀内容を知りたい。

事前相談 遺された家族に経済的負担をかけたくない。

事前相談 できるだけ家族に遺したいので、自身で許せる質素な葬儀をしりたい。

事前相談 家族の悲しみをお金の事で邪魔させたくない。

事前相談 得する情報等を収集でき、予算以上のことが出来る。

  ・保険や会員等よく見定めて、本当に必要で使用するものでしたら

   得するでしょう。ですが、それらに加入したが、足かせになる恐れが

   あるのでしたら、それら資金は貯蓄等にしましょう。
 

 

  ●もしもの時の安心


事前相談 業者に事前に相談しておくと、その社風や担当者の人柄を知る事が出来、
万が一の時には、事前申し込み頂いた内容について、一緒に作成に携わった担当者を指名して
お任せする事にができれば安心感は突然申し込んだ時に比べたら雲泥の差でとなります。

事前相談大手の葬儀社であれば、担当も部署ごとに違い、もしもの時には事前にお話しした担当者が
駆けつけてくれないと言う事になりかねません。そう言った事がほかにもたくさんあります。事前に調べることで不安を解消する事が出来ます。
 
互助会等に加入されている方も安心できません。もしもの時、葬儀内容を確認し 見積もり見て驚く方が大勢いらっしゃいます。その方々は積立金だけで追金はほとんど必要ないと勘違いをなさっている方が本当に沢山いらっしゃるからです。
月々3,000円を10年としても、36万円です。しかも互助会と言う名で安くて安心と思っている
方も少なくなく、追金150万円・200万円などと言われる事は珍しくなく、私共にご相談頂くケースも多々ございます。
互助会解約希望される場合は、私共で解約を代行致します。又、加入されている互助会以外へ
葬儀を依頼された場合、互助会の積立金で葬儀に出す供花代への変更が可能か?
等、知る事もできなかった事が、事前相談をする事により知ることが出来、心配事や支出を
減らすことが出来ます。

  

 

事前相談NPO法人で生前予約を行っているところでは、事務手数料等としておよそ10万円前後の費用をいただくそうです。
非営利法人と言えども、そのくらいの運営費用がどうしても必要と言う事です。
最近良く見かけるHPの中に、葬儀社紹介等のサイトがあります。その葬儀紹介サイト会社より葬儀を任された葬儀社は、
その葬儀紹介サイトへのお礼等として葬儀料金(葬儀社請求分)の30%前後支払い等のケースも・・・・
紹介無料と書かれていても、働いている人がいれば、どこかで収入が無ければ運営が成り立たないと言うことです。
そう言ったサイトを利用して葬儀を行う方は、ある程度割高な葬儀代金ならざるおえないと言うことになりますが、
信用できる業者の情報を買ったと思えば、高い額ではなかったのかもしれません。
それが、急に亡くなった場合や、信用できる葬儀社が見つからない時などは、十分な価値があった言えるかもしれません。
ですが150万円や200万円の30%ともなれば、故人の子供が喪主で、その喪主が家庭を持っているサラリーマンでしたら、
これから養育費などの多大な支出もありそれを考えると大変な額でしょう。まして事前相談や生前予約ともなれば上手に
自身でより良い方法又は自身にとってよりよい葬儀社を見つけることが出来る時間もある事でしょう。
事前相談と生前予約は、そう言った表に見えない手数料を工夫次第で省くことが出来、そう言った法人やサイトを利用しない
方法も今でしたら選択肢の一つとして選んだなら、費用の面で節約できますし、自身でエンディングノート(遺言ノート)
等を使い、公正証書遺言も同時に作成し、行政書士や弁護士に保管・専門的な相談をしていただく費用にあてるなどと
する別の方法も可能となりますし、葬儀紹介サイト等で割高にならずに済んだ分をそう言った所へ費用を充てる事も
一つの費用の使い道として考えられます。
生前予約や事前相談にはこの様に限られた予算内で色々な事が出来るようになったり、費用を削減できる
そう言った事からより後悔しない葬儀が出来る可能性を秘めてます。
御不幸事を事前に話すのは縁起が悪いとおっしゃる方もおりますが、そう言った迷信に振り回されずに
自信にかかわる事ですので、生前予約や事前相談は元気なうちに慎重に行い残された方へ対して最後の思いやりとして
残したいものです。

  
 
ひまわりへの生前予約・事前相談にご興味のある方、まずは メール 
  又は お電話下さい。  TEL 03−3324−6774
 
 
プラン内容から変更の無いかたの事前申し込みはこちらよりどうぞ
                                                 →
 事前申し込みについての詳細は Q&A 8、事前申込みってなに? をどうぞ
 
  ●このページの先頭へ

 


 Copyright(C) 2006 Himawari Mortuary. All Right Reserved.